せきぐちクリニックは難病指定医です

リウマチ専門医による関節リウマチ治療はせきぐちクリニックへご相談ください。

当院の関節リウマチの治療

抗ガラクトース欠損IgG抗体精密測定(CA・RF)

臨床的意義

関節リウマチの方のIgGの糖鎖には、ガラクトースが欠損していることが多いことが明らかとなっています。抗ガラクトース欠損IgG抗体精密測定は、この糖鎖の異常を持つIgGと特異的に反応するリウマトイド因子です。

従来のリウマトイド因子測定法(RF定量、RAPA)で陰性の関節リウマチ症例の約半数で陽性となり、早期関節リウマチの診断の補助として用います。

異常値を示す主な疾患・状態

異常高値:関節リウマチ、シェーグレン症候群、強皮症
     全身性エリテマトーデス(SLE)、混合性結合組織病