浦安せきぐちクリニックは難病指定医です

リウマチ専門医による関節リウマチ治療は浦安せきぐちクリニックへご相談ください。

院長あいさつ・略歴

ごあいさつ

院長関口直哉

埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科勤務後、平成20年12月、私の生まれ育った千葉県浦安市猫実5丁目に内科・リウマチ科・皮膚科・泌尿器科のクリニックを開業いたしました。

リウマチ科は、全身が治療対象となる病気を扱う科でありますので、様々な診療科との共同治療が必要となります。

そこで、水曜日の午前は、慶応義塾大学病院リウマチ内科・武井先生、木曜日は順天堂大学医学部付属浦安病院膠原病内科・池田准教授をお招きし、院長の私と2診体制で診察させていただき、第1土曜日は、慶應義塾大学病院皮膚科・種瀬先生をお招きし内科と皮膚科の2診体制で診察させていただいております。

加えて、第4土曜日にはがん専門病院泌尿器科より小川先生をお招きし、内科と泌尿器科の2診体制で診察させていただきます。

このように当院の診療に携わる医師すべてが大学病院もしくは総合病院の現役医師であり、最先端の医療を行っております。

医師だけではなく、レントゲン、CT、全身型骨密度測定機、超音波、血液迅速検査(院内で採血結果がすぐにわかる)など医療機器も充実させました。入院が必要な重い病態や原因不明の病態などは、浦安市内であれば千葉県を代表する順天堂大学付属浦安病院や東京ベイ浦安市川医療センターとの連携を生かしご紹介させていただいております。他には、東京歯科大学市川総合病院、慶応義塾大学病院、がん研有明病院、各大学病院とも連携をとり病状改善に努めております。

人を大切にするという基本姿勢のもと、ご希望があれば往診もするという古い診療体制も整っております。

簡単に言えば、入院施設のない病院のような機能を備えたクリニックの利点を生かし「皆様のお話をしっかりと伺う」、「しっかり調べる」、「適切な治療をする」、「入院が必要な場合は適切な病院を紹介する」という当たり前のことを具現化しているのが当クリニックの特長です。

最近では、「どこに罹ったら良いか困り、浦安せきぐちクリニックに相談しようと思って来ました」と、うれしいお声をいただけるようになってきました。

皆様あっての当院でございますので、是非、行き届かない点がございましたらお声がけお願いします。これからもなにとぞよろしくお願いします。

院長略歴

院長略歴

・埼玉医科大学卒業 
・埼玉医科大学総合医療センターリウマチ膠原病内科(竹内勤教授教室)勤務 
・平成20年12月 せきぐちクリニック開設 現在に至る 

資格

・日本内科学会総合内科専門医
・日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医 
・日本医師会認定産業医 
・日本糖尿病協会登録医

所属学会など

・日本内科学会
・日本リウマチ学会 
・日本臨床免疫学会
・日本骨代謝学会
・日本糖尿病協会
・日本リウマチ友の会